金融と契約の大変革をもたらす「ブロックチェーン」

最近、「ブロックチェーン」という言葉が報道でよくあらわれるようになりました。なんでも、金融や契約の概念を変えてしまうほどのものだとか。。。

ブロックチェーンとは、あの仮想通貨「ビットコイン」を支える技術。中央管理者のいない、「分散台帳」を実現する技術です。

巷にはビットコインとブロックチェーンがもたらす変革について解説している読み物は多いですが、ポイントを外した解説が多いように思います。というわけで、かながわグローバルIT研究所が贈る、「知っておきたいブロックチェーンの仕組み」。今回は、まずはブロックチェーン以前の「中央管理台帳」について、説明用のプログラム動画を用いて解説しようと思います。

台帳の画像

帳簿は「中央管理台帳」の一種ですね。 ©tashatuvango – stock.adobe.com

ブロックチェーンに関しては、私が書いた以下の記事などが参考になると思います。これは当研究所の「調査研究事業」において、株式会社インフキュリオンのシンクタンク部門の一環で執筆しているものです。

社会を支える「中央管理台帳」とは

「台帳」と聞くと、何を思い浮かべるでしょうか。わたしは、時代劇などで商店の番頭さんが扱っている帳簿を思い浮かべます。そう、大福帳ですね。

このように、中央管理台帳は、社会のあちこちで使われています。要するに、取引が起こる都度書き込んでおく帳面です。銀行ですと、預金の入金や引き出し、振り込みや振り替えなどすべてのお金の移動を記した預金台帳がありますし、日本の不動産登記簿制度では、不動産の所有権は登記簿への記帳によって管理されています。(登記簿に書いてある所有者が正当な所有者。)

今まであまりにも当たり前だった中央管理台帳の特徴は、「中央管理されていること」。つまり、誰でも見たり書き込んだりすることができないように大事に管理されていて、かつ「正」とされる台帳が1つだけあります。その台帳に書き込んであることだけが真実です。つまり、いくら取引があったと主張しても、それが「中央管理台帳」に書き込まれていなければ、その取引はなかったこととして扱われてしまいます。

そのように、金銭や財産の所有権や、契約などの権利関係を安全に管理することで、社会と経済の円滑な運営に貢献している「中央管理台帳」ですが、そこには大きな課題があります。それは、中央管理台帳の管理者に多大なコスト負担が発生することです。そのような大事な台帳ですから、不正な閲覧や書き込みを防ぎつつ、正当な利用者からの要求に応じて内容を開示したり新たな取引を記帳したりしなければなりません。つまり、絶対に間違えてはいけないし、業務時間内は絶対に止めてはいけない。改ざんされてもいけないし、情報が漏えいしてもいけない。

例えば銀行は、わたしたちのお金を預かって、お金に関する様々な取引を記帳しておいてくれますが、もし銀行の台帳が不正に書き換えられたらどうでしょうか。または、銀行の台帳の内容が不正に開示されたらどうでしょうか。もちろん、そんなことが起こらないように、銀行は莫大なコストをかけて情報システムや業務体制を運営していますし、金融庁など政府機関は、銀行がきちんと業務を遂行する力を維持しているかどうかを定期的に監査するなど目を光らせています。

そのような大事な中央管理台帳は、その時代の先端的なコンピュータサイエンスと情報技術でもって作られています。銀行など金融機関は、先進的なITユーザーなのですね。

ブロックチェーンの意義

そこで登場するブロックチェーン。その意義は、中央管理台帳とは全く異なる、「分散台帳」を実現することができる技術です。

しかし巷では、「中央管理台帳」と「分散台帳」の違いをちゃんと説明しているものが少ない。これではなかなか分散台帳を理解することは難しいと思います。

分散台帳に関するきちんとした説明は次回に譲ることにして、今回は中央管理台帳を説明する動画プログラムを作りましたのでそのご紹介をしようと思います。

 「中央管理台帳」を理解する

ブロックチェーン以前の中央管理台帳 Scratch is developed by the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. See http://scratch.mit.edu.

ブロックチェーン以前の中央管理台帳 Scratch is developed by the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. See http://scratch.mit.edu.

上の図は、Scratchという、マサチューセッツ工科大学(MIT)が開発したプログラミング言語で作成した動画のものです。もともとは子ども向けに学習用として開発されたものですが、手っ取り早く動画やゲームを作るのに便利ですので、今回はScratchを使って中央管理台帳の働きを説明するアニメーションを作ってみました。

PCのブラウザーから下記URLへアクセスすると、実際にその動画を動かして見ることができます。

スクラッチプログラム実行画面(PCブラウザーで実行できます)Scratch is developed by the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. See http://scratch.mit.edu.

スクラッチプログラム実行画面(PCブラウザーで実行できます) Scratch is developed by the Lifelong Kindergarten Group at the MIT Media Lab. See http://scratch.mit.edu.

上記サイトにもこのアニメーションプログラムの説明がありますが、ここでも簡単に説明しておきます。

  1. オレンジに白抜きで書いてある「説明付きで開始」と「動作だけを開始」はスタートボタンです。どちらかをクリックするとアニメーションが始まります。
  2. かながわグローバルIT研究所のキャラクター「かなグロくん」が4人いますが、それぞれが取引参加者です。取引が発生すると、その内容を中央管理者に送信します。なお、取引発生のタイミングや送信速度はランダムに毎回変わります。
  3. 中央管理者は、取引情報を受信すると、それを中央管理台帳に書き込みます。
  4. 取引情報は中央管理台帳に書き込まれた時点で確定します。このアニメーションでは出てきませんが、もし送信途中で無くなっていまう取引情報があったとすると、記帳されずに「なかったこと」になってしまうのです。

どうぞ、上記アニメーションで何度か遊んでみてくささい。中央管理台帳の考え方がわかると、ブロックチェーンによる「分散台帳」の意義がよくわかるようになると思います。

ブロックチェーンと分散台帳については次回でご説明します。お楽しみに!

ホーム画面に戻るにはここをクリック

(かながわグローバルIT研究所 森岡剛 事業内容はこのリンクをクリック