21世紀社会の新教養、情報科学とコンピュータサイエンスの楽しさを。
コンテンツ

縁の下のコンピュータサイエンス

「宇宙開発とIT」:全国高等学校情報教育研究会第9回大会基調講演

全国の高等学校における情報教育の研究推進ならびに会員相互の研鎖をはかることを目的とする団体である、「全国高等学校情報教育研究会(全高情研)」。その第9回が神奈川県にある専修大学で2016年8月8日・9日の2日間にわたって …

「パスワードはメールで別途送ります」から見えてくる現代暗号学

重要なファイルを取引先などにメールで送る。そんな場面は現代日本のオフィスワーカーにはよくある風景と思います。 暗号化ツールなどを使って、パスワードを設定。これでよし!パスワードを知らない人にはもう、このファイルをのぞき見 …

重力波の検知とコンピュータサイエンス

2015年9月、人類が初めて重力波を検知しました。1916年にアインシュタインがその存在を予言してから100年。X線で宇宙を見る「X線天文学」やマイクロ波による「マイクロ派天文学」に加え、重力波で宇宙を見る「重力波天文学 …

宇宙に浮かぶブラックホールの想像図

コンピュータサイエンスってなんだろう

「プログラミング教育」への関心が高まっている日本。社会におけるコンピュータ活用の重要性が増していることを反映した動きと言えますが、コンピュータ活用全般を扱う学問分野である「コンピュータサイエンス」への関心は高くないようで …

両手の上に、データを象徴する青い複数の小さな立方体が浮かんでいる写真

電卓で遊ぶ「文字列変身!」

息子は小学1年生。毎日楽しく学校に通っていますが、わたしとしては小学1年生の学習内容に興味深々。例えば算数では、すでに数や順序数、足し算や引き算の式までカバーしています。「数える」という最も根本的な数学技能を通して、息子 …

電卓のまわりにいろんな数字の立体像がおいてあるイラスト
« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © かながわグローバルIT研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.